小陰唇が大きいと不便

小陰唇の縮小するには整形外科で

小陰唇を縮小したい女性のかたは、たくさんいらっしゃることですが、小陰唇が大きいと、和式トイレでオシッコする時、便器からはみ出してしまったり、パンティーが汚れて縦筋にしみこんだりと、色々とトラブルが生じてしまいます。 小陰唇を縮小することで、これらを解決出来てしまうのですが、整形外科で簡単な手術をすることで、トラブルを解消できます。 小陰唇の余った皮膚を切除し、切除したところを溶ける糸で縫合すれば、手術が終わり、日帰りで自宅に帰れるのです。3週間もすれば、小陰唇に縫合した糸が自然に溶けて、皮膚が繋いでいれば、完治なので、上手い具合に縮小されたことになります。 小陰唇の縮小の手術をしたことで、和式でオシッコをすれば、オシッコがはみ出さないし、パンティーも縦筋が入らないので、恥ずかしい思いはしなくなります。

小陰唇縮小手術

現在のところ、小陰唇肥大という現象に対しては縮小手術が効果的であり、それに変わるものは見つかっていません。 ただ、この小陰唇縮小手術では黒ずんで肥大してしまった小陰唇を切除してきれいな小陰唇にすることができるとあって、デリケートゾーンのコンプレックスを抱える女性たちには大人気の手法とされている人気の手術です。 すでに手術方法も確立されており、小陰唇縮小手術というのは、片方から手術をすることができるようになっているのです。縮小手術というと語弊がありますが、切除することによって肥大した部分を小さく、そして大陰唇に収まるようにすることができる手術方法です。広く一般的に用いられているのがこの方法であります。